フィギュア愛好家、カンボジアなう!

英語ができないのに海外赴任した人のブログ。カンボジアの生活や食事のこと、フィギュアのこと、本のこと。

*

【フィギュアレビュー】TERA: The Exiled Realm of Arborea – ELIN –

   

マイコレクションのご紹介。
今回はカンボジア移動チームにも選抜された、2013年来からのお気に入りTERAのエリーン

ゲームの原作はちょーっとだけやったのですが、確かにグラフィックは綺麗。カワイイ!!
しかし、それぐらいかな(´・ω・`)
ゲームはゲーム性を重視するのでキャラクターが売りのゲームは長続きしないんですよねぇ。
お使いゲーは飽きたよ
で、そのゲームの種族の1つエリーンのフィギュアです。
ロリ系&獣耳&太ももむっちりと明らかに狙ってきてるデザイン
だが、それがいい。

エリーン@マジシャン-01
サイズはやや大きめで、全体的なクオリティは非常に高い。
むっちりした太ももがたまらんのじゃあぁぁ~

エリーン@マジシャン-03

エリーン@マジシャン-02
htmm!htmm!
脚フェチにはたまらんデザイン
しっかりと起伏のある造形のお腹もたまらんのぅ
たなびく髪とポーズが生き生きした印象で存在感がパない。

エリーン@マジシャン-04
今にも駆け出しそうな後ろ姿。
ボトムスもパンツの如く肌に密着している感じがあってセクシー。

エリーン@マジシャン-05
台座はミラー仕様。下からも楽しめるよ!やったね!
まぁ、ミラー台座の恩恵が一番強いフィギュアはほぼ間違いなくSKYTUBEの「冬月 茉莉」だろうなぁ

エリーン@マジシャン-10
御御足。
このエリーンのフィギュアの一番のインパクトといえば、やっぱりこの脚の曲線美だろう。
むっちりしてていい感じ!

エリーン@マジシャン-09
衣装はあまり飾りっけのない感じ。むしろ鱗のような質感により少し無骨?な感じ。
それぐらいでいいんよ。
最近のエリーンのフィギュアはちょっとゴテゴテし過ぎでちょっと好みでない。

エリーン@マジシャン-07
ご尊顔。
瞳のデザインが独特で好みが分かれそうですが、個人的には問題なし。
顔のパーツのバランスもよく、細部もしっかり作られています。
顔の造形は申し分なし。素晴らし。

エリーン@マジシャン-06
ちょっぴりしたから。
何かの魔法でもブッパしそうなアングルとポージング。

エリーン@マジシャン-08
と、言うわけでアルカディアのエリーンでした。
メーカーサイトは>>こちら<<
原作ゲームは>>こちら<<

 - フィギュア